人気ブログランキング |

EARTH APPLE magazineーどさんこオマチのphoto日和ー

earthapple.exblog.jp
ブログトップ
2006年 09月 11日

またまた旭川で美味しいもんがっ!

b0088558_7211640.jpg
先日、またまた旭川で気になる食べ物屋を発見!
買い物公園の8条あたりにあるそば屋「八条はま長 」は、
そば屋であってラーメン屋でもあり、
そして、うどん屋だったりもするのだ。。。

パワフルな女将が取り仕切るお店のなかは、
昭和の匂いが漂う、
どこか田舎のおばーちゃん家に居るような、
安心感を抱かせせてくれる。

この店の歴史は古い。
女将の父上・千葉力衛氏(故人)が昭和4年に「はま長」、その後24年に現在の「八条はま長」を開業したことから始まる。
なんと、晩年は日本の麺類会の重鎮であったという。


b0088558_721256.jpg


とにかく麺ものは美味く、
蕎麦、うどん、ラーメンが全部手打ちというから驚きだ。

蕎麦は、外皮1枚のみだけを剥き、甘皮も含めて挽いたそば粉。
このそば粉でうった更科は、ニ八ではなく、1.27 : 8.73という配合!
田舎蕎麦も、不思議と皮の苦みがなく、ほんのり甘い優しい味がした。

さて、このはま長さん、本業は蕎麦屋である。
が、驚くなかれ、「旭川のラーメン」の発祥の店でもある。
昭和11年、「ラーメン」とメニューにのったのが最初。

昭和20年代、力衛さんは、麺づくりに打ち込み、
スープの取り方からチャーシュー、麺のゆで方などを積極的に伝授し、ラーメンの普及に努めたという。
その取引先には、丸勝食堂、蜂屋、亀や、五十番などが名を連ねていた。。。

今や有名となった「旭川ラーメン」。
各店に味を、そしてラーメンの愛情を伝えたのは、ここ八条はま長だったのだ。

麺も手打ち、ダシもすべて自家製。
ぜひ、旭川へ行った際には、足を運んでほしい!

ねっ。えだまめ商店さんに、からあげ大臣さんっ!!!


もっと詳しい事を知りたい方は、北海道経済で、ニ度ほど特集が組まれています。
コピー希望の方は連絡ください。




by earthapple | 2006-09-11 07:41 | TRAVEL hokkaido


<< 廃線駅跡をたずねて、うまいもん...      台風12号が北海道東部海上を通... >>