EARTH APPLE magazineーどさんこオマチのphoto日和ー

earthapple.exblog.jp
ブログトップ

タグ:環境 ( 69 ) タグの人気記事


2012年 12月 17日

これからの世界は

選挙の結果をみて
以下ふたつの映像をみなさまに・・・

四季折々の自然豊かな日本、子供たちの将来を願って

Recycled orchestra
Recycled orchestra - No music No life !!!
貧困に苦しむパラグアイのカテウラ地区 はスラム街
町も学校のグラウンドまでゴミの山、そこから物を売って細々と暮らすような劣悪な環境
そこで育つ子供たちを「音楽で子供の人権を守ろう」という取り組み

「この活動を通して、簡単にゴミを捨てるなというメッセージを人々に伝えることができる。しかし、それ以上に、人を・子供たちを見捨ててはいけないということを伝えたい!」


忌野清志郎さんからの手紙
湯川れい子さんが山本太郎さんの応援演説で述べた言葉-2012.12.15
[PR]

by earthapple | 2012-12-17 07:27 | NATURE | Comments(0)
2012年 12月 12日

東北支援@ドイツ・ケルン

b0088558_18364422.jpg

本日12月12日の夜8時
フジテレビ『世界は言葉で出来ている』をご覧ください

以下-ドイツ・ケルンの友人より-
去年の日本での311震災後に、ケルンに在住のお母さんを始め日本人が中心となり募金集めの活動をケルンのドームの前の広場で行いました。
その時に、上を向いて歩こうの歌を歌ったのですが、その模様が12月12日の夜8時フジテレビの番組『世界は言葉で出来ている』でその模様が紹介される予定です。
ユーチューブに活動の様子を紹介しているようなのですが、そのビデオが使われるとのことでした。
もしお時間のある方、どうぞご覧になっていただければ嬉しいです。
まだまだ時間がかかる復興作業ですが、本格的な冬がもうやってくるころであろう被災地に、沢山の良いニュースがもたらせられることを祈りつつ・・・

---
友人の娘ごが募金くださった方に折り鶴を手渡ししておりました
http://www.youtube.com/watch?v=1f9LrvXYBLA
[PR]

by earthapple | 2012-12-12 18:37 | TRAVEL overseas | Comments(0)
2012年 12月 01日

福島の方全員へ届けたい

b0088558_2344347.jpg

■□拡散・シェアをお願いします!■□

【福島の方全員へ届けたい】
12月28日で自主避難家賃補助の支援は打ち切られます。
迷っている方、時間がありません。
住民票は福島のままでOK。
短期保養での利用も可能です。
子どもたちの未来をつなげるため自主避難のアテンドをずっと行ってきた
「NPO法人みんな地球のこどもじゃん」に是非方法を問い合わせて下さい。
「命をつなぐチャリティマルシェ」も、
同法人を通じ、被災地から北海道への避難を考えている方々を支援しています。

詳細は、以下をご覧ください。
NPO法人みんな地球のこどもじゃん
[PR]

by earthapple | 2012-12-01 23:45 | NATURE | Comments(0)
2012年 11月 26日

トリノ〜ブラへ

b0088558_8254248.jpg
トリノからスローフード発祥の街「ブラ」への道中に
こんなスローなトラクターと遭遇した

けしてMへはむかってませんようにと願った瞬間
もしそこへ向かっていたらかなりシュールだわ.....

しかしな〜世界中どこにでも一等地にあるのがM
恐るべし





[PR]

by earthapple | 2012-11-26 08:27 | TRAVEL overseas | Comments(0)
2012年 11月 17日

みんなで想いを伝えましょう!

b0088558_12412575.jpg
11月後半も各地で素敵なイベントが目白押し
以下3つご案内します、環境や食そして子育てに興味ある方はぜひご参加を!
こんな小さな子が泣かないように、ニコニコ笑顔で安心して暮らせるような世界を!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〜子どもの未来と食を守るネットワーク〜
「子どもの体を守る、毎日のごはんワークショップとチェルノブイリ、ベラルーシからの報告」

とき/11時23日(祝)13時から
場所/エルプラザ2階食材研究室(北区北8西3)
資料代金1000円

1部 1:00~1:45
神奈川県座間市にある麦っこ畑保育園の大島貴美子園長先生のお話。放射能汚染から身を守る保育や食事、毎日の子どもたちの過ごし方。子ども達をたくましく育てる方法など。
*麦っこ畑保育園について
創立35年目の未認可の認定保育園で、どんな子も一緒に、元気に過ごしたいと思ってやってきました。どんな子も、とは、強い子も弱い子 も、障がいのある子もアレルギーのある子も、社会的に弱い立場にいる子も、全て入ります。10年目から小児科医真弓定夫先生のお考えをもとに、牛乳をやめて、日本人が昔から食べていた和食の給食、アレルギー対応食を取り入れています。3.11以降、食材に気をつけた給食や、放射能対策に苦慮しながらの保育に取り組んでいます。

2部1:50~2:50
麦っこ畑保育園の栄養士北村聡美さんから麦っこたちがいつも食べている給食をデモンストレーションしていただき試食。調理方法や素材の選び方など、教えていただきます。

3部 3:00~3:45
放射能汚染で揺れる飯館村からチェルノブイリで被害にあったベラルーシへ視察に行った菅野義樹さんからの報告。

*お申込/メール cco56560@syd.odn.ne.jp(すずき)
     fax  011-614-7105
*定員がありますのでお早めにお申し込みください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〜ドキュメンタリー映画『シェーナウの想い』上映会〜
チェルノブイリ原発事故を機に、村の電力を自給する自然エネルギー会社を立ち上げた小さな村のドキュメンタリー映画「シェーナウの想い」

◆11月23日(金)14時~16時30分
(開場13:30 ミニライブ13:40~ 出演:テキニージイまつお)
◆「西区民センター」3階視聴覚室
〒063-8612 札幌市西区琴似2条7丁目. 電話 011-641-4791

上映後には、ご自身の体験談から「できた!電気代600円生活」を書かれたはらみづほさん自家発電体験談と自家発電師匠イオさんこと早川寿保さんのお話もあります!
http://blog.goo.ne.jp/tabisuruharappa/e/1685f21063ad8bc941218bd624ee34ce


◆参加費:資料代200円
◆申込問合せ:渥美誠一 shuuei233@hotmail.co.jp
◆定員:40名。会場の都合上、予約を入れていただくと助かります
◆主催:『シェーナウの想い』上映実行委員会
◆共催:子どもパートナーしゅうえい

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〜食と農でまちづくり「安全な食とエネルギーの地産地消へ」〜

地産地消で安心な学校給食を実現し食と農のまちづくりに取り組もう。農業と自然エネルギーを軸にしたコミュニティービジネスの実例を学ぼう。食と農のまちづくりは、地域と地球の問題を解決する!

11月18日(日)ニセコ町民センター大ホール
12:00 開 場:安全・安心マルシェ スタート
13:00 上映会:「未来の食卓」
15:00 講演会:環境ジャーナリスト 佐藤由美さん
16:00 パネルディスカッション
      パネラー 
      ニセコ町有機無農薬栽培農家 吉原 京子さん
      LaLaLa farm 代表       服部 吉弘さん
      環境ジャーナリスト     佐藤 由美さん

入場料:¥500(前売り・当日共通)
託 児:有(要予約・無料)
主 催:食と農でまちづくり実行委員会
共 催:北海道栄養士会後志支部
後 援:ニセコ町、ニセコ町教育委員会
    後志総合振興局、教育庁後志教育局
    ニセコ町商工会、ニセコ町農業青年会、
    ニセコ自然エネルギー研究会

ニセコ町及び近隣町村の生産者さんの安全・安心マルシェ出店大大募集中〜(出店料カンパにて)
協賛金の募集です、ご協力お願いします。協賛金1口¥1000(何口でも)入場チケット1枚付き!
問い合わせ・託児予約・マルシェ出店・協賛金
080−2569−2929 よしかわ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[PR]

by earthapple | 2012-11-17 12:42 | NATURE | Comments(0)
2012年 11月 09日

東北ボランティアが足りません!!!

b0088558_16473067.jpg
今年5月にお世話になった「かわいキャンプ」
盛岡市が宮古市川井地区に設置したボランティア活動拠点だ
社会福祉協議会が運営、地元間で密に連絡を取り合い、いま人手を必要としている場所へ毎朝送迎してくれる。
ワタシが参加した際は、大槌町・山田町・釜石市・・多岐に渡った。
家庭科室は自炊できる道具が完備-憩いの場に。畳が敷かれた教室は寝室、シャワーもwifiも使えます。ゆえに長期で参加している方が多い、が、1日でも2日でもぜひ現地へ足を運んでみてください。いまボランティア激減で困っておられます。

ーーー
(以下メール添付)
ボランティア活動にご理解いただきご支援に感謝申し上げます。おかげさまでかわいキャンプは開設以来、全国からのご参加が12,000名を超え、被災地復興の大きな力となっております。被災地の瓦礫は片付き一見復興が進んでいるように見えます。が、しかし実際は、被災者の悩みは潜在化し、仮設は鶏の飼育ケージのように狭く、隣りの気配にびくびくし、先行きの見えない状況に疲れ果てています。ボランティアの参加が激減しております!活動ニーズは、初動の内容とは変わってきてはおりますが確実に存在し増えつつあります。被災地支援ボランティア活動のご参加のお願いと現状をお仲間にお伝え願いたくご連絡申しあげました。 当キャンプもめっきり寒くなり、夜間は暖房が必要になってまいりました。しかしお集まりのボランティアの熱意はかわいの寒さを吹き飛ばしております。最近の活動内容など詳細はキャンプHPにてご欄下さい。
ーーー

b0088558_16473955.jpg
校舎をボランティア施設に改装
周囲は山に囲まれ、早朝の散策が気持ちよい
家庭科室は自炊と談話室と休憩所とwifi、、、冷蔵庫も調理道具も食器も基本的な調味料もすべて揃っている。なんとロースターや布のコーヒーフィルターなんかも。
ここでボランティアさんたち1日のお疲れさま&交流します

b0088558_16474030.jpg
寝室、畳が敷かれていてありがたい、もちろん男女別室

b0088558_1648325.jpg
朝礼、この後、それぞれの現場へ送迎してくれる。前日に翌日のボランティア内容が掲示され各自希望を出し、現場が決まる

b0088558_1649995.jpg
全国から集まったボランティアさんたち、盛岡市では新人研修をこのキャンプでされてました

b0088558_16494118.jpg
クルマで15分くらいでひなびた温泉が!ここのお湯とてもよいのである、ボランティアは100円引きで入浴できます

「ボラ参加希望」の方いらっしゃいましたらぜひかわいキャンプまでご連絡を!
かわいキャンプ

[PR]

by earthapple | 2012-11-09 17:02 | NATURE | Comments(0)
2012年 11月 08日

ヴォーバンVauban住宅地へ@フライブルグ

b0088558_2053415.jpg
環境都市フライブルグのなかでも特に意識の高いヴォーバンVauban住宅地

省エネ住宅群はソラーエネルギー、屋上緑化と雨水の利用、コンポスト利用し廃棄物処理、既存の樹木や植生をそのまま残しており公園が多い

居住地まではカーフリーのため子供たちが安心して走り回って遊んでいて、
敷地内では子供たちの声が響いている

建設考案時から世界中から注目されている住宅群です
興味ある方、詳しくはヴォーバンの考える家-街
を参照してください

またフライブルグやエネルギーについて多くの著書を出されている村上敦さんは講演会もされております。今回は多忙のため今回お会いすることできず残念でした!http://www.murakamiatsushi.net/

b0088558_20542040.jpg
住宅群はコミニュニティー、連絡通路が多かった。そして意思表示も!

b0088558_20543483.jpgママさんたちのチャリ使用はみなこんな
せっせとこいで進んでいた、広い自転車用通路があるから安心

b0088558_20541360.jpg市街にも公園にもどこにでも、歩行用と自転車用の専用ルートあり

b0088558_2055757.jpgモシャモシャの木
なんと子供たちの隠れ家!この後、方々から小さな子供たちが飛び出てきた!

b0088558_20552083.jpgママさんチャリ。買物も散歩もこれです。健康的でいいねー

b0088558_20555142.jpg
こんなかわいい アパートメントも
b0088558_20569100.jpg
これは宇宙のキノコ?
b0088558_2056233.jpg
ソーラー住宅を専門に設計している方の展示がありました
エネルギーと緑化を大切にしています






[PR]

by earthapple | 2012-11-08 21:01 | TRAVEL overseas | Comments(0)
2012年 10月 22日

祈〜日本へ!

b0088558_1343759.jpg
ケルン大聖堂と中央駅からライン川を渡る橋は
「愛の鍵」- 幸せを願う橋だ

みな願いを込めてカギをかけている

わたしは...
LOVE & PAECE - Pray for JAPAN 〜祈・日本へ

311の大地震、そして原発の被害を忘れては行けない
[PR]

by earthapple | 2012-10-22 13:45 | TRAVEL overseas | Comments(0)
2012年 10月 18日

どっちももういらない! koneta

b0088558_1415741.jpg

フライブルグを歩いていると
石畳のあちらこちらの足元にこのようなプレートを見かけます

この場所で住んでいた・生きていた方の
名前、誕生日、亡くなった日、それはどこで・・・
記載されている

右側のプレートには「アウスビッシュ」

多くの方がただユダヤ人というだけで強制的に送られた場所
もう二度と繰り返してほしくない・繰り返してはならない歴史だ

b0088558_1423397.jpg

「原発?
 いらないよ」

かなりの頻度で見かけるこのステッカー
環境都市フライブルグの意思表示だ
お土産にしたくて探しているんだけど
みな売っている場所は知らない、、、
配布されたとのこと





[PR]

by earthapple | 2012-10-18 14:11 | TRAVEL overseas | Comments(0)
2012年 10月 13日

さようなら原発北海道1万人集会!

b0088558_19532284.jpg

本日13日(土)は
札幌・大通公園西8丁目広場で「さようなら原発北海道1万人集会」!
 
 みんなで集まろう!
 泊原発の再稼働を許さない!
 大間原発の建設も、幌延「核のゴミ」持ち込みも許さない!
 自然エネルギーへの転換を!

親の転勤で小中学生時代を幌延町で過ごした。
当時は核廃棄物処理場建設をめぐる全道全国から集まった方々の反デモが毎週末のようにあり、そのため自衛隊や機動隊が常駐し、報道陣も過熱していた。
小さな町がふたつに分断されていた。
転勤族たちは「どーせ2−3年でいなくなるヤツは投票するな」と侮蔑を浴びることも。
大人たちの利権をめぐる醜い争いを見た。
そして研究施設は建設された,,,。
311があっても遅々と進まない現実を変えていかなければ!
参加することは小さなアクションぢゃないよ、みんなが集まれば大きなうねりとなるんだよっ!

b0088558_19555919.jpg
b0088558_19554943.jpg
大通~道庁まではあっという間だった!
十勝~大型バスをチャータ40人でやってきた宇井さんご夫婦と!

東北への震災ボランティアも続けてゆきたい。
「風化」させずに「継続」を!

さようなら原発1000万人アクション北海道

[PR]

by earthapple | 2012-10-13 19:56 | NATURE | Comments(0)