「ほっ」と。キャンペーン
2014年 12月 02日

Salone del Gusto and Terra Madore 2014 -レポ7- GEN子ども味覚ワークショップ

b0088558_12404872.jpg

イタリアにはスローフード協会本部によって設立された教育機関

食科学大学 University of gastronomic sciences があります。

昨年の韓国アジアオセアニア世界大会で

夜な夜な語り合ったルームメイト斎藤由佳子さんは

この大学マスターを出てGENを起業。

今回イタリアの学校授業で会場を訪れる子供たちへ向けた

味覚プログラムに協力すると連絡がありました。

すぐに、世界大会参加表明しているジャパンメンバーのかつお節.芹沢さんと味噌.南さんへ

体験試食の講師と食材提供のお声がけをしたところ快諾いただき、

みなでいっしょにプログラムができることになりました。

もちろん、オニギリ結ぶ(おむすび握る?!)もいたします(^^)


b0088558_06032302.jpg

23 カツオブシ:

静岡西伊豆の芹沢さんがカツオブシができるまでとカツオブシ削りと試食体験を。

b0088558_06034071.jpg

24 みそ:

新潟長岡たちばな本舗の南さんの味噌3種

豆味噌、雪室貯蔵ほう味、八丁味噌を試食、

自分が気に入った味噌にお湯を足してスープにし試飲、

隣り通しで互いの味噌スープの味を比較。

b0088558_13222868.jpg
b0088558_06035723.jpg

27 おにぎり:

具は西伊豆カツオブシとたちばな本舗の味噌漬。

おむすびパンフレットを配布し「北海道米ななつぼし」ご紹介。

おにぎりを握りながら

「お米をこんな風にたべたことなーい!」

「こんな形になったよー!」とわきあいあいで

日本米とイタリア産ジャポニカ米の違いを学びました。


魚が発酵熟成して宝石のように輝くかつお節になり

出汁のウマミ成分となる。

茹でた豆が麹と出会い発酵して味噌になる。


子どもたちは初めての食材と出会い、

形や香りなどに驚きながらも興味をもって試食し

質問する姿が印象的でした。


b0088558_14113292.jpg

b0088558_06041577.jpg

26 GENによる福島支援の新ファウンデーション発表に併せ、

世界中のスローフード代表や参加者と一緒に

味噌を味わい.学び.作り.買い.贈るイベントが行なわれました。

イタリア産オーガニック大豆と食科学大学研修室からの麹でallイタリアの味噌づくりをし

みなでつくった味噌は

半分は福島の子どもたちへ贈られ、半分は福島支援基金になります。

また、

イタリア.ドイツ.アルゼンチン.日本でつくられている味噌を試食。

イタリアの味噌はオーガニックで味のレベルが高く非常に驚きました。


b0088558_14140021.jpg
味噌つくりに欠かせないのが「てまえみそのうた」♪
森ゆにてまえみそのうた

これ1度聴いたらはまってしまうんです

みんなで唄おうとDVD持参したのですが機器不調のため断念

「美みそ〜ず合唱団」のデビューはいずれまた(^^


大分で300年続くこうじ屋定栄さんとの出会いありご縁がつながり

このような日本食材の文化を紹介できる機会を多く持てて嬉しかったです。


由佳子ありがとう~!







[PR]

# by earthapple | 2014-12-02 13:01 | TRAVEL overseas | Comments(0)
2014年 12月 01日

Salone del Gusto and Terra Madore 2014 -レポ6- 世界の昆虫食TWS

今回楽しみにしていた味覚ワークショップは

元NFLノルディックフードラボ味覚開発部長BENによる
「昆虫についての考察と試食する」

b0088558_19143004.jpg
事前web申込、現地チケットセンターでも満席...
会場でBENに会ったときに話してみると

「立ち見で入ればいいさ~」と言われワクワクしていたら
セニュール石田がチケットGETに成功(^^)v

だがだがっ当日になり大問題発生!
イタリア農水省が食品と認めていない(存在していないものとしている)
サルディーニャのチーズ-カースマルツッがリストインしているのが発覚し、
当日の新聞記事に。
これが発端となりワークショップはキャンセルに…。
だが、
ワークショップ会場では担当者3人が登壇し、
コトの詳細と想いを丁寧に説明してくれた。

それはまるで記者会見のように始まった。
---
*問題となったチーズは、ペコリーノチーズにウジ虫を繁殖させることでバクテリヤ活動が活発化し、発酵と脂肪の分解が進む。チーズはとても柔らかくミルク匂が強くクリーミーになり、ムシはドライフルーツのような食感なんだとか。イタリア農水省はこのチーズの存在を黙殺している。が、当地では贈答品やおもてなしに最高のチーズと称され高値でやりとりされている。
---
我々は数年かけて世界中の昆虫食を調査して歩いている。
近年「昆虫はたんぱく質が豊富で食料危機を救う救世主」とも言われているが、
そうではなく、ガストロノミーの視点から提言したいと想い、
今回のワークショプとあいまった。
これまでの長きにわたり、
その地域そこに住む人々に脈々と食べられ続けているのは
「おいしい」からに他ならない。
今回問題となったチーズは地域ではいまでも食べられている伝統的なチーズだ。
成長したらハエとなりチーズからいなくなるから、
今回の時期(10月末)だとチーズの中にはムシはいなかったかもしれないね…
なんてジョークも。
日本でもハチの子やバッタ、ザザムシも食べてるし、
タガメやカメムシなどなどベトナムやタイ、ペルー、
オーストラリアのアボリジニたちは素晴らしい文化を継承し
世界中で昆虫を食べている。
いずれも質の高い料理として成立していのだ。
どうやってプロダクトとして認知されるかを考えてゆきたいし、
そのほかにも世界にたくさん存在する食文化を守らなければならない。
断固として農水省や税関のレギュレーションをつきつめていかなければ!
そして、ロビー活動をしてコミュニケーションを深めてゆく努力を続けたい。
次回はぜひこのワークショップを開催できればと思う、
という決意表明で締めくくられた。

会場では賛同の意見が相次ぎ、応援の熱い拍手が止まなかった。
この会見の場にいれて感動しました。

さて、試食として準備されていたのは、
・2種類のアリ
(デンマークで食されているもので、レモン味でオレンジやコリアンダー.バニラやピーチのようなのアロマが強いもの、酸味がありコショウのように香るもの)
・ハチの子
(オーガニックで鮮度よいハチの子を揚げて。ハチミツのような繊細さとクリーミーさがある)
・キリギリスの雄雌
(放牧地で採取したもの。西アフリカなどで食され、牛やヒツジなどの香りや動物の皮やポルチーニといった強い香り。)
・ゾウムシ
(ペーストやクリーム、コニャック、アフリカのハチミツのような味わい)
そして
・チーズだった。


試食できず残念ですが次回開催に期待します。
その後BENとも次だね!次だよね!
と握手...(^^)


担当者は日本にも来る予定と話していたけどもう調査は済んだのかな?






[PR]

# by earthapple | 2014-12-01 19:19 | TRAVEL overseas | Comments(0)
2014年 11月 29日

Salone del Gusto and Terra Madore 2014 -レポ5- テッラマードレ・キッチン

b0088558_12054023.jpg

テッラマードレ・キッチン

アジア・アフリカ・中東・中南米の約40カ国のシェフが、

1プレートで各々の国の食材で料理を表現しようという企画キッチンで、

5日間4交代制、持ち時間2時間で100食を提供します。


2年前はアイヌ料理をオマージュ

スローフード北海道メンバーのラワンブキと襟裳昆布をつかいオハウを提供しました。

詳しくはこちら!

今年は北海道と兵庫はりまの仲間たちが地域食財を背負って集合です!

北海道新米ななつぼしをつかった押し寿司、揚げカマボコ、鶏肉ひねポン、

日高昆布の出汁スープに、はりまの地酒を振る舞いました。


キッチンを担当するはバルコ札幌.塚田シェフとカプリカプリ塚本シェフ、

はりまの長谷川シェフに職人の安西さん、料理家のまっちゃん。

他のメンバーはディスプレイをし、行き交う方々へ声をかけ集客し、

振る舞い酒をし、料理や街の説明をし・て・い・た・ら

1時間ほどで100食を「あっ!」という間に完売。

その後も希望される方が多く最終的に130食を提供しました。

酢飯やしょうゆの味つけ、出汁、日本酒への質問がおおく飛び交い、

食べた方々の笑顔が印象的でした。

b0088558_20234707.jpg
b0088558_20172982.jpg
b0088558_20173390.jpg
b0088558_20173793.jpg
b0088558_20241258.jpg
b0088558_20241823.jpg
b0088558_20241530.jpg
b0088558_12054407.jpg

b0088558_20333311.jpg
b0088558_20333773.jpg
このキッチンは、トリノやミラノで名だたるシェフたちが裏方スタッフを担っており、

開催期間中は自分のレストランを完全休業してボランティアに徹しています。

2年前もお世話になっており会場入りしてすぐに挨拶にいくと

「今年は何人できたんだい?キッチンには何人はいりたいんだ?よしよしまかせろっ!」とシェフたち...

なんだか「テラマドレに帰ってきたんだなー」と嬉しく思いました(^^)


RenzoFlavioFrancescoPaul 素晴らしきシェフたち本当にありがとう~っ!

そして、

北海道とはりまのみなさんお疲れさまでした!

地域と地域がつながってコラボできたことが嬉しかったし

みな笑顔で終了できて良かったです。

インフルエンザのため泣く泣く断念した2月の播磨全国大会でしたが

みなさんにお会いでき播磨訪問の想いが強くなりました。

必ずや播磨へうかがいます(^^)


はりまチーム

平井誠一さん、安西輝髙さん、森一成さん、東海岳史さん、長谷川和彦さん、

松本晴幹さん、松本将樹さん、平井荘司郎さん、高橋陽子さん、岩田愛子さん

北海道チーム

塚田宏幸シェフ、塚本孝シェフ、松田真枝さん、いのくちふみこさん、

畑裕子さん、和泉雅也さん、高橋なおこさん、おーまちかおり

b0088558_20253428.jpg
翌日夜は北海道はりま合同打ち上げ
2年前も訪れたPARLAPAにて
奥様はかなえさんはソムリエで
札幌円山にあるオリーブオイル市場の松村さんのご友人なのです(^^

追記:

100食あっという間に完売した~!

で喜んでいられない.腑に落ちない想いが残りました。

北海道組はテッラマードレ・キッチンの企画が始まった趣旨や内容、

今回なぜスローフード播磨と合同でしているのかを把握していなかった

当日会場に着いて、あっという間な勢いでイベントを手伝って、

そして最後に成功して良かったね、という感じ。

現場では

じっくりと周到にミーティングや準備をしてきた播磨メンバーとの温度差があり、

当日朝からの連絡不備などのドタバタ劇にしても

播磨の方々にはストレスになったでしょうし

協会本部にご迷惑をかけることに発展したかもですが

誰も危機感をもっていなかった。

翌日の合同打上げもしっくりこない感じ(わたしだけ?)がしました。

確認もフォローアップもできなかった自分自身に対して悔しく思うし、

遠くイタリアまでせっかく参加したが理解度が充分でないことは

もったいないことだなーと思った次第。

準備万端で参加した播磨の方々へ失礼にあたります。

この件については帰国後やり取りしたメンバーもいますが、

関わる&参加するメンバーの参加意識の共有が必要ですね。


世界大会は会場の物産見学したりセミナー参加するだけよりは、

なにかミッション(キッチンやWSやセミナー会議への参加やスピーカーになるなど)

をもって参加したほうが意義があり、

自身と関わる生産者や応援くださる方への良い方向性が生まれると思います。

世界の方々へ自分の地域食材PRの機会や発表の場をいただくって貴重なこと。

また、そのような機会は期間中に多く持てたら幸いなことだと思います。

その機会を優功にみなで楽しくフィニッシュするためには

次へ向けての
フィードバックは大事だわ!


スローフード協会本部アジアオセアニア担当カルロッタさん
そしてジャパン事務局の石田さんには
本当にお世話になりました。

そして
播磨の愛子!
お疲れさま〜っ!!!
















[PR]

# by earthapple | 2014-11-29 12:26 | TRAVEL overseas | Comments(0)
2014年 11月 29日

Salone del Gusto and Terra Madore 2014 -レポ4- 食教育

b0088558_15395582.jpg
今回のテラマドレ参加の最大の楽しみは
スローフードの創始者カルロ・ペトリーニ、
スローフードの母といわれるカリフォルニアのアリス・ウオーターズ、
そして
イギリスで活躍するシェフ.ジェイミー・オリバーの3者による
「グローバルな食教育-学校給食」についての対談を聴くことでした。

700人が入る会場は通訳用のヘッドセッドが足りなくなり、
立ち見もわんさかな超満員!
わたしは前奥の海外メディアの方々の間に隙間を見つけ
ポツリと開始までボーッと立っていたら
「あなたのお召し物素敵ね…」と声をかけてくれた女性が
な〜んとっ
目の前にいたのはアリス・ウオーターズその人でした!
突然すぎて一瞬頭が真っ白で対処不能…
反射的に握手してハグして
「日本の北海道からきました!来年シェパニーズに行きたいです!
来年テラマドレ北海道あります!」
耳打ちするのが精一杯
1人だったため記念写真も撮れず…シュン(@--@)

対談は、
それぞれの地域や国際的な活動の紹介
アリスはエディブルガーデンの実施が広がりを見せていること
学校給食や先生たちの意識改善についての提言
ジェイミーは地元でのフルーツプロジェクトやアフリカでの給食支援活動など
子どものための子どもの未来のための食の話と
想いを丁寧に語ってくれた素晴らしい内容だった
質疑応答もあり2時間を超え、
後はスタンディングオベーション!

「幸せはいつもあなたたちと一緒にある」
good, clear, fair - food for all of the Children
「ただしく、おいしく、きれい」な食は全ての子どもたちのためにある
love our -land, communicating, humunbeing, happiness
「わたしたちの土地や地域、意思疎通をすること、人や動物、幸せを 愛そう

子どもたちが安心して暮らし成長し学べるように
みなで政府へ創造活動をしていこうと締めくくられました。

*動画も撮ってきましたので近くもっと詳しいレポまとめたいと思いますが
動画の編集方法がワカラナイ...泣

スローフード協会webサイトのまとめは
Time for an Ambush!!!









[PR]

# by earthapple | 2014-11-29 07:00 | TRAVEL overseas | Comments(0)
2014年 11月 28日

Salone del Gusto and Terra Madore 2014 -レポ3- トスカーナ葉巻

b0088558_06273053.jpg
めまぐるしいテッラマードレ会場から抜け出し
ちょいと一服
(大量のイタリア画像整理からも逃避...

タバコ遊んだこともない嫌煙家ですが
キューバ訪問時に工房見学しトライして以来
こだわりある葉巻薫は別ものと認識
(でも我が家は禁煙です)

テッラマードレ会場にはトスカーナ葉巻テントブースがありまし
葉巻とドリンクのマリアージュWSが行なわれています
わたしは葉巻初心者用の軽いタイプをば...
トスカーナ葉巻の薫りがするビールの生産者もご一緒して
おしゃれなプロモーター.ネスティ氏から
葉巻の歴史-生産地のこと-畑や収穫-乾燥-手巻き作業-販売にいたるまでの話しをうかがう

ゆったりとした大きなソファーに座り
スプマンテやワイン.ビールをいただきながら
葉巻1本を燻らせたは2−3時間ほど...
大人の男女が葉巻片手に語り合っている目の前の光景はまるで映画のよう
ゆっくりと時間が流れてゆきます
灰のため方や切り口の燃やし方で素人か玄人かがわかるそーですが
普段まったく燻らせることもないオマチは
とてもヘタクソで何度も失煙させ
うっかり寝そうになりました…

ちゃんちゃん






[PR]

# by earthapple | 2014-11-28 23:50 | TRAVEL overseas | Comments(0)
2014年 11月 28日

Salone del Gusto and Terra Madore 2014 -レポ2-

b0088558_15221369.jpg
今年のテラマドレのテーマのひとつは「家族農業」
そして
ワタシのテーマは「お.と.す.」みたいです

トリノに来てから
アイポン続けて2回ミッシング
さらに
丸一日ぶりに戻ってきたけれど
本当にテーブルから落下して粉々に

小銭ばらまき
一眼レフはタクシーにぶつけられ
送迎バスには置いてかれ

厄落としな感じ満載なトリノです

出会う人たちから幸せをいただけるが救いかも...


b0088558_15221600.jpg
トリノ初日夜の直会は
新潟の自然農法で栽培されたブドウのワイン
「 l'escargot」
升でいただくのです
越後たちばな本舗.南さんからの差し入れ
素敵な初夜
もちろん
テラマドレのね(。-_-。)




[PR]

# by earthapple | 2014-11-28 22:30 | TRAVEL overseas | Comments(0)
2014年 11月 28日

Salone del Gusto and Terra Madore 2014 -レポ1-

b0088558_14390167.jpg
b0088558_14415031.jpg

札幌駅〜新千歳空港へのエアポート1本乗り遅れていたら

羽田からの国際線に間に合わなかった

車内でエアカウンターに電話しまくり...という相変わらずバタバタな出発劇(: :)

西伊豆かつお節アニキたちと合流し無事にトリノ着!

空港〜会場まではバスで1時間半ほど北海道郊外に似た風景を眺めながらボーッ

会場着後すぐにベトナムでNGOを立ち上げ活躍するまゆさんと再会!

そして

2年前テッラマードレキッチンでお世話になったレンゾシェフにご挨拶

今年もミラノのレストランを完全休業してキッチンを裏で支えてくれます

24日は北海道&兵庫はりま

27日はベトナムお世話になります!

ボランティアのナリちゃんもまたお世話になります

さらにっ

兵庫はりまメンバー合流~!

すでにEATLYで仕入れてきたワインで乾杯っす(*^o^*)

b0088558_14390622.jpg
北海道とはりまの仲間たち、ユース茜ちゃん恵ちゃん佐藤くん、品川先生

かつお節の芹沢アニキ中島さん、味噌の南さん松田さん、

日本蜂蜜の高安さんご夫妻とジロウちゃん、

黒川さん、福留さん、日本酒遊佐さん

イギリスBENやタイGAY、韓国ヒョンさん

フラビオにフランチェスコ、ジャンニにアンナ、カルロッタ

ベトナムやインドネシアで農業サポートされてる女史たちや、

大分で300年続く麹屋.定栄さん

去年の韓国アシアオセアニア大会で夜な夜な語り合った由佳子&GENメンバーなど

ご縁ある毎日〜

感謝です







[PR]

# by earthapple | 2014-11-28 14:51 | TRAVEL overseas | Comments(0)
2014年 10月 21日

Salone del Gusto and Terra Madre 2014 !!!

b0088558_07160108.jpg

I'm really looking forward to meet you all of SlowFood friends

at

Salone del Gusto and Terra Madore 2014!!!


今年もみなさまのご理解ご協力のおかげで

スローフード2年に1度の祭典 テッラマドレ&サローネデルグストに参加し

食の見本市や世界生産者会議などセミナーやワークショップで学んで参ります


日本関連のイベントは、

開会式で大分の麹屋 定栄さんご登壇予定

味の箱舟アルカ潮がつおのスピーチ

日本茶の効能TWS

北海道と愛知はりまの食材で料理提供

日本の発酵食品-カツオブシ.味噌.日本酒pre.

みそづくりWSやおむすびとカツオブシの子ども向けWS

が予定されており、

わたしは強力&ヘルプスタッフとして参加、

また

「美味噌miso-s合唱団」を結成し美声?を披露してきます♪


わくわく楽しみは

カルロペトリーニ.アリスウオーターズ.ジェイミーオリバーによる

グローバルな食教育-学校給食について!


ミラノ万博にむけてスローフードの関わり方について

世界の豆について

昆虫と雑草について

砂漠化と再生エネルギー

先住民族ミーティング-持続可能なローカルフード

韓国が国の総力をあげて開催する食セミナーと精進料理パーティー

などなど

期間中のお題は200種を超えます


元ノルディックフードラボNFL味覚開発部長による

「昆虫についての考察と試食するTWS」なんてのも…

昆虫を食す~とても気になるお題!

かつてタイのお祭りで現地友人たちといっしょに

様々な昆虫屋台料理に挑戦したのを思い出しマス…(@^^@)!!!


世界の米についてのセミナーもあるハズなのですが日時を見つけられませんっ(@@)

どなたか発見したらお知らせください~切望!

http://www.salonedelgusto.com/


大会終了後には、イタリアで一番長寿の州といわれているマルケ州にて

現地在住日本人が立ち上げたツーリズモのモニターで

有機生産者やオリーブやワイナリー訪問、郷土料理研究家の料理教室などを体験


現地ではフェイスブックでのupが多いと思いますが

帰国後にそちらの感想などもフィードバックできたらと思っています~!



では行ってまいりまっす(@^^@)


b0088558_07201646.jpg





[PR]

# by earthapple | 2014-10-21 12:00 | TRAVEL overseas | Comments(0)
2014年 10月 20日

田んぼプロジェクト2014稲刈り

b0088558_07051899.jpg
稲刈りです!
今年も晴天!はざがけも体験しました!
ランチはおーやさんによる羽釜炊きたて飯、最高でした!

5月の田植えは天候にも恵まれ多くの参加者と田植えをしました
子供以上に大人たちが真剣
春から夏にかけては干ばつがつづき
春先は風が強い日が続いたため稲の生育が遅れ
それでも
後半は天候に恵まれ稲刈りもいつもより早く収穫
 今年も美味しいお米ができました

収穫までの様子は https://www.facebook.com/tanpuro

稲刈りのアルバムは↓をクリック
2014稲刈り

b0088558_07052235.jpg
b0088558_07052423.jpg
b0088558_07052634.jpg
b0088558_07052852.jpg
ー26年産「田んぼプロジェクト米」新米出荷のお知らせー
今年も田植えをから稲刈りまでみんなが係わった
「田んぼプロジェクト米」の新米をお届けできるようになりました。
年間予約のかたはもちろん一般販売も致します。

●品種 おぼろづき  
●産地 三笠市萱野
●一般販売価格 

田んぼプロ米10kg  白米  3900円+税  4212円
田んぼプロ米 5kg  白米  2000円+税  2160円
道内 送料 20㎏まで 450円+税 486円
※道外については地域により送料が異なりますのでお問合せください。
※お引取りの場合は事前にご連絡ください。

 お米を欲しい方は有機やさいアンの店まで
 http://annemise.com/
TEL 011-863-9373 FAX 011-863-9785
E-mail anne-mise@pop06.odn.ne.jp







[PR]

# by earthapple | 2014-10-20 07:10 | 畑めぐり海めぐり-生産者と共に- | Comments(0)
2014年 10月 19日

ユーコン源流に暮らす上村知弘さんのスライドトーク会

b0088558_21455023.jpg
10月23日19:30〜札幌.秋山愛生舘サロンにて
カナダ.ホワイトホースでガイドや写真家活動をしている
上村知弘さんのスライドトーク会があります
興味ある方、お時間ある方
ぜひご参加ください!

来年夏のオマチは
アラスカの先住民族のお祭り期間にあわせて
ユーコン川をカヌーで下りながら
キャンプして〜!!!

予定です(^^)




[PR]

# by earthapple | 2014-10-19 06:30 | TRAVEL overseas | Comments(0)