EARTH APPLE magazineーどさんこオマチのphoto日和ー

earthapple.exblog.jp
ブログトップ
2014年 12月 12日

Salone del Gusto and Terra Madore 2014 -レポ14- 韓国アジオグストとか

アジアオセアニア・リーダーズ会議があるから参加を!とお声がけいただき
(わたしリーダーぢゃないですがね.)出席しました
そしたらほかにジャパニーズはいましたが
スローフードジャパンのメンバーはワタシの他にいないのよね・・・

*思ったこと*
開催中の会議などは
地域代表とかリーダーとか肩書き抜きでジャパンメンバーで分担して
いろんな会議に出席して意見交換や情報共有すべきと思います

さておき
3時間の会議の半分は韓国の持ち時間
昨年韓国で開催されたアジアオセアニア世界大会アジオグストの報告と
韓国のアルカへの認定実績や有機農業促進活動について
そして来年もアジオグストを開催すると宣言
そのあたりで
わたしは他セミナーへ参加したいので中座しましたが、
以降は前出のGEN斎藤由佳子さんが新たなファウンデーションについての発表など...

韓国は国が主導でスローフード活動を推進しており潤沢な資金で
2年前のテッラマードレでは大きな面積で食堂を兼ねたブース展開を
今年は
たくさんの尼様たちと同行参加し
精進料理の食堂と食材展示ブースを出展していました

それ以外に
下記レターのような韓国食材を中心とした講演会を実施して
精進料理をみなに振る舞うレセプションパーティーを開催しました
b0088558_03161225.jpg
精進料理レセプションはオーバル会場2階ドリンクイン・スペースにて
各国のスローフーダーたちが長蛇の列です
b0088558_03125227.jpg
b0088558_03125578.jpg
b0088558_03125844.jpg
b0088558_03130020.jpg
尼様たちが準備した精進料理は
20種以上
呉汁やお吸い物もありました

尼樣へひとつひとつのお料理の食材や内容・
韓国の精進料理についてお話をうかがいたかったのですが
時間前後して北海道とはりま共同のテッラマードレ・キッチンがあったため
このお皿を抱えてキッチン会場へ...

昨年アジオグストでは
韓国と日本の精進料理のワークショップがありましたが
国を超えてコラボレーションができると素敵ですね
食べ比べてみたいものです


















[PR]

# by earthapple | 2014-12-12 06:00 | TRAVEL overseas | Comments(0)
2014年 12月 11日

Terra Madore Day -テッラマードレ・デー!!!

b0088558_11355543.jpg
Terra Madore Day 2014!!!

12月10日はスローフード協会が発足した日
それにちなんで
世界中で地域の「食」を囲み想いを共有し
お祝いしましょう!
という日です

エジシカツ、エゾシカシチュー、エゾシカスープ
短角牛ごぼう飯
札幌大球きゃべつと塩麹漬け鶏肉炒め
ダイコン梅漬け
ジャガイモにカボチャ
チーズにパンたち
b0088558_12023816.jpg
b0088558_12024274.jpg

北海道らしいお料理の数々!
みんなで食しながら
来年のテッラマードレ・ジャパンin北海道@
札幌の部の夢物語を
語り合い・寄り添い・分かち合い・
ました

来年は夏にせたなを出発し
11月十勝〜占冠〜札幌と巡ります(^^










[PR]

# by earthapple | 2014-12-11 12:05 | TRAVEL hokkaido | Comments(0)
2014年 12月 11日

たまこ が我が家にやってきた!

b0088558_11415924.jpg

歳若の男の子から届いた
少し早いX'masプレゼント

手編みのヘビちゃんマフラーで
名前は たまこ です(*^^*)

豊浦町のシュタイナー学園いずみの学校では
3年生は山で採った枝を自分で削りかぎ針をつくり
編みものを習います

彼はまるでアーティストのように
創造力豊かな作品を生みだしています
さらに、
毛糸はお母さまが桜の木やタンポポ、タマネギなど
身の回りの自然のもので染めたもの...

心こもった
あたたかな贈りものです

今冬わたしの首元にニョロッと一緒にいる
たまこを見かけたら
可愛がってくださいね(^o^)

b0088558_11422343.jpg

詳しくは

宝島社いなか暮らしの本1月号

転出者より転入者が多い田舎

にて




















[PR]

# by earthapple | 2014-12-11 08:30 | おまち's works | Comments(0)
2014年 12月 10日

Salone del Gusto and Terra Madore 2014 -レポ13- 和食の講演会

b0088558_20250492.jpg
おっしゃ〜っやったるでー!
とバックヤードで気合いの乾杯し
「和食」の講演スタートです!

UMAMI」はすでに世界共通語

昨年ユネスコの無形文化財に認定され、

増々注目を集めている和食を大きなテーマにした講演会は2時間

各国のメディアが押しかけ会場は立ち見がでるほどでした


今回は伝統ある発酵食である

福島の酒、新潟の味噌、静岡西伊豆のかつお節を2時間にわたり紹介

それぞれの由来や伝統、地域文化、また発酵食と健康に絡む内容に

みなさん真剣にときにうなずきながら聴き入っていました

日本酒に関しては放射線検査についても提示しました


試食は日本酒2種、削り節、味噌、味噌漬

そして、

まっちゃん考案のモッツアレラサラダ

日本とイタリアのアルカ(味の箱舟)である潮かつおとレンズ豆をつかっています

バックヤードでMAX130食を準備し、

スピーチにあわせてそれぞれを提供しました

「どれも香りが素晴らしい」

「もう1つください」「会場でこれを買えますか」


講演終了後はみなさんジャパン出展ブースへ

質問や日本酒を購入された方が多かった模様です(^^)

b0088558_20233100.jpg
b0088558_20245408.jpg
始まってからも続々と集まってきます
b0088558_20233678.jpg
酒造好適米、麹、発酵について
b0088558_20234978.jpg
b0088558_20240170.jpg
b0088558_20240719.jpg
b0088558_20240930.jpg
かつお節の歴史やうまみについて
b0088558_20241432.jpg
b0088558_20241782.jpg
発酵食の味噌は健康食として実証されているデータを紹介
b0088558_20242003.jpg
b0088558_20242475.jpg
進行.石田さん
かつお節.芹沢さん、味噌.南さん、日本酒.遊佐さん.
バックヤード.まっちゃん、中島さん、松田さん、おーまち
味噌玉かかえて世界旅中の謙さん&Miaさん
現地ボランティアの伊藤さんとマンマ
ありがとーう!



-おまけ-
130人分の試食と資料を準備ちう
試食を試食ちうな図
b0088558_20251135.jpg
b0088558_20251462.jpg
b0088558_20251663.jpg
日本とイタリアが出会った〜!






[PR]

# by earthapple | 2014-12-10 06:30 | TRAVEL overseas | Comments(0)
2014年 12月 09日

Salone del Gusto and Terra Madore 2014 -レポ12- アルカ「味の箱舟」

b0088558_18474071.jpg
「アルカ=味の箱舟」プロジェクト

地域にのこる伝統ある食材や在来種・希少種
伝統漁法による魚貝などの生産や消費、
地域における食の多様性を守ろうというもの
現在、世界で900を超える食材や加工品などが認定されています

*北海道からは
札幌黄タマネギ、まさかりかぼちゃ、八列トウモロコシ、日本短角牛
が認定されています

北海道の味の箱舟

展示会場は、
大陸ごとに並ぶブースと
↓のように
生産物ごとに並ぶブースがあります
またまだアルカには認定されていないが申請中のものも
国、地域、産物の名前など書かれたシートとともに展示されています
b0088558_18482726.jpg
b0088558_18160959.jpg
b0088558_18483402.jpg
今回、アルカに選ばれた西伊豆の潮かつお
塩蔵漬け浜風で干すカツオは
お正月の贈答にされる縁起物でしたが
(北海道だと荒巻鮭)
いまはこの地ここ1軒でつくられるのみ

b0088558_18162067.jpg
触ったり匂いを確かめてみたり
けっこう自由〜

大会終了後の撤収作業では
ひとつひとつ詳細シートと共にジップロックなどに入れられ
スローフード協会本部のアルカ担当者によって
厳重に保管されるそうです
b0088558_18485002.jpg
カルロ・ペトリーニ会長
このブースに展示している希少種・在来種のほかにも
まだまだ世界にはたくさんあるだろう
みなで意識を高くもって方策を考えよう
etcetc
熱弁はとまりません!!!







[PR]

# by earthapple | 2014-12-09 19:24 | TRAVEL overseas | Comments(0)
2014年 12月 09日

Salone del Gusto and Terra Madore 2014 -レポ11- オーバル会場

b0088558_18122770.jpg
冬のオリンピックが開催されたオーバル会場には
世界各国の展示ブース大小さまざま100くらい!が
大陸ごとに連なっています
食品や織物、木工品、ワインにビールなどなど
国の特徴あるものばかりで
世界旅行をしている気分になります(^^
b0088558_18421544.jpg
b0088558_18131448.jpg
有名なヌガー職人
ここのがオイシーノ!
b0088558_18144097.jpg
フランスのチーズおじいちゃん
ハーブとともに熟成しているチーズたちを大事に扱っています
b0088558_18172160.jpg
ノルウエー先住民族サーミに伝わる
トナカイのサラミ
毎年札幌で同じ北方民族であるサーミとアイヌの音楽祭が開かれているんだよ
と伝えるととても嬉しそうだった!
ミュージシャンの名前を覚えておらず残念でしたが...
b0088558_18422840.jpg
b0088558_18423828.jpg
最新鋭のオーブンを持ち込み
毎日、異なる世界の粉でその国のパンを焼く実験パン.ラボ
今日はなにかな〜と毎朝チェックしてましたが
焼き上がり時間は押し合いへし合いでゲットできず(笑
b0088558_18172501.jpg
ミラノへ来たらスイスまで!
来年ミラノ万博へむけてのスイス特設ブースは
チーズ、観光案内、映像プレゼンなどなど
隣国だもんね、力はいってた
b0088558_18160596.jpg
日本からは
山形、山梨、福島、鹿児島、宇治などが出展
日本酒やしょうゆ、お茶、みそ、かつおぶし...「発酵」に注目が集まります

北海道も生産者といっしょにブース出展したいですね〜!
b0088558_18170823.jpg
b0088558_18304677.jpg
福島の人気酒造
福島の現在の状況や残留放射線などへ質問があり、
検査のことなど資料も準備し配布

ヨーロッパでは増々放射線に対する人々の反応
そして
食品輸出入の基準が厳しくなっています
検査結果の書類をいつでも提示できるよう準備が必要です
b0088558_18171808.jpg
今年から始まった
Slow Food Radio
日本から石田さんご出演
全編イタリア語のため
なにを話したのか聴き取れず...無念也









[PR]

# by earthapple | 2014-12-09 18:46 | TRAVEL overseas | Comments(0)
2014年 12月 09日

Salone del Gusto and Terra Madore 2014 -レポ10- イタリア会場2

サローネ・デル・グストつづき

b0088558_17583482.jpg

来年ミラノで開催されるミラノ万博を目前に控え

会場内には多くの展示がされていました

イタリアCOOPもパートナーシップを結んでいるとのこと

b0088558_17383573.jpg

COOPのブースでは万博資料やプロダクト商品展示のほかに

開催期間中は連日、シェフや料理家、調理学生たちによる

料理デモンストレーションやトークセッションが行なわれ、

地域食材の1プレートとワインが振る舞われていました

b0088558_17383826.jpg

ワタシが立ち寄った際は

調理学生たちが講師の指導のもと準備中

慣れない場でみな緊張(いや真剣な)の面持ちです(^^

b0088558_17384100.jpg
b0088558_17384410.jpg

チーズとそれに合うジャムやバルサミコ

白ワインをいただきました

学生たちが実演で関わる場があるのもいーもんです


b0088558_18021271.jpg

piemonte

レッドセロリ -プレシディオ

b0088558_18021682.jpg

piemonte

サラス -プレシディオ

干し草で包んだリコッタ

b0088558_18022719.jpg
シチリアのレモン
b0088558_18022950.jpg
ジェラード!
b0088558_18023281.jpg
超フレッシュ生肉にオリーブオイルをかけて
b0088558_18025397.jpg
エノテカのブースは体育館1個ぶんの広さ
イタリア全土のワインが集結
ワインセミナーもありんす

イタリア食の見本市だけで
札幌ドーム3個分はある広大な会場
数日あっても回りきれませンが
さらに
世界各国のブースが連なる
OVAL会場へと進みます・・・














[PR]

# by earthapple | 2014-12-09 18:10 | TRAVEL overseas | Comments(0)
2014年 12月 05日

Salone del Gusto and Terra Madore 2014 -レポ9- カルマニオーラ

サローネ・デル・グストつづき

b0088558_03382797.jpg

piemonte

カルマニオーラ村名産の巨大パプリカ -プレシディオ

ワタシのデカい手よりも大きいの(^^@

肉厚でジューシー、ビタミンも豊富

ピエモンテに来たらまずはカルマニオーラのバーニャカウダー!


「2年前よりもヒョロ長いし色が薄い」とたずねたら

今年は天候不順で収穫が遅れたため

畑で成長を続けたのかいつもよりも長~くなったそう


「ミシュランシェフがボクのパプリカをテーマにしたセミナーを開くんだよ!」

生産者キッコさんから教えてもらい

もちろんワタシも参加(^^!

b0088558_14311174.jpg
b0088558_03424402.jpg

ピエモンテ州農政とミシュランシェフがブース出展し

地域食材で料理デモンストレーションと試食を振る舞う


b0088558_03453452.jpg

軽く炙ったホタテにパプリカとリンゴソース

おなじみバーニャカウダーはアンチョビとピクルスと共に

ツナを詰めたパプリカにケッパーオイル漬けを添えて

みんなビックリしたのが

バーニャカウダーのソースを和えたパスタ

熱々のパプリカペーストが出てきたっ

「パプリカの小龍包だーっ!」

デザートはピスタチオ.チョコレート.パプリカの3色ムース

最後に

この地域の希少な赤ワイン.バルバレスコをいただきました(^^


b0088558_03460042.jpg

1皿1皿、じっくりと噛み締めるように試食するキッコさん

そして

シェフがパプリカの特徴やそれにあった調理法などを説明するたび

とても嬉しそうに微笑みます

b0088558_03460479.jpg

and

シェフもいーい笑顔です!



自分が住む地域の食材と

生産者-つかい手-食べ手が

一緒に想いを共有できる空間って

やっぱり最高ですね!






[PR]

# by earthapple | 2014-12-05 07:00 | TRAVEL overseas | Comments(0)
2014年 12月 05日

Salone del Gusto and Terra Madore 2014 -レポ8- イタリア会場

サローネ・デル・グストは世界最大級の食の見本市

札幌ドーム3個以上の広大な会場にイタリア全土から

こだわり生産者のこだわり食材が集結しています

スローフードが推奨する

地域の伝統、環境に優しい、生産者に公正な

「おいしい、きれい、ただしい」食たちです

今回オマチが直接お話した美味なるものをご紹介!
(これ2年前のと合わせるとすごい数だわ〜)

b0088558_01565824.jpg
↑ワタシには最高↑
b0088558_01570388.jpg

ナポリピッツァ協会直営の石釜ピッツァで腹ごしらえ

トマトソースが絶品なんです!

b0088558_01570995.jpg
サテン「まるで絹のごとし」と名付けられたスプマンテ

醸造所オーナーはなんとジャコモ氏!

b0088558_02025885.jpg

麦芽のお勉強…グビッグビール!


b0088558_02034450.jpg
おつまみはチーズを試食、メエーェー

b0088558_02040348.jpg

calabria

ブタの内蔵と唐辛子を熟成させたペースト状のサラミ

酸味あるすっきりとした辛さ


b0088558_02040817.jpg

unbria

サヤのなかは全部お豆の色が違う - プレシディオ


b0088558_02041239.jpg
この時期はクリクリクリ

b0088558_02041766.jpg

marche

大会後に訪問するマルケからはこちらが出展


b0088558_02042272.jpg

この小さな車内部は可動式で大容量のキッチンカーに!


b0088558_02043025.jpg

piemonte

LOVE~な OCCELLIさんのブースがあった!

バターにチーズも美味なのだ


b0088558_02094295.jpg

calabria

突然変異でうまれたというベルガモット - プレシディオ

爽やかないい香り~オイル~!


b0088558_02095072.jpg

puglia

トッレカンネレジーナトマト - プレシディオ

紐でクルクル束ねて風通しのよい場所に吊るし

皮が厚く春までゆっくりと食べられる(レジーナは女王を意味)

このトマトと綿花の栽培を保護する地域より


b0088558_02100866.jpg

sardegna

ポンピアpompia

黄色の皮はリキュール、白い皮は砂糖漬け、

実は使わない柑橘種


b0088558_02141409.jpg

どこを歩いてもヒトヒトヒト…

普段人ごみを避けてる生活なので疲れます


b0088558_02145896.jpg

b0088558_02145239.jpg

campania

樽熟成の魚醤 - プレシディオ

熟成樽の底を細〜いネジでクリクリ穴をあけます

その細〜く螺旋状になった部分が

自然のフィルターとなりポトポト…

写真は2年熟成のもので濃くがあり上品なお味です

地中海で持続可能な漁業を!と活動しているソレント半島にある小さな町チェターラの市長と

日本ではコラトゥーラと言う魚醤で有名な町ですね


b0088558_02150209.jpg

売り上げからアフリカの菜園プロジェクトへ寄付されている

プレシディオのピエモンテリンゴのブランデー

カカオ豆と蒸留したAnandaはうますぎっ!

そして

20年物のグラッパを試飲

これもシビレマしたがお高くて手が出ません…


b0088558_02230220.jpg
人だかりさらにを進み
b0088558_02233189.jpg

sicilia

Alcamoメロン - プレシディオ

柔らかな肉質あっさりとした甘さ

カットメロン落としたワタシにサービスしてくれた優おじちゃん


b0088558_02251738.jpg

sicilia

ヌビアレッドニンニク - プレシディオ

長ーい三つ編みで売られているのが特徴

このニンニクを1度食べたらもうほかのニンニクには戻れない…

2008年にSLOW PACK 受賞


b0088558_02270043.jpg

lazio

viterbo - プレシディオ

豚肉も内蔵も香辛料も…


b0088558_02274594.jpg

ペコリーノチーズ - プレシディオ

レンネットをアンティーチョークからとっていた


b0088558_02282443.jpg
マメマメマメ

b0088558_02284253.jpg

ひよこ豆の粉をうすーく焼いた FARINATAを食べよう!

小魚や味付けした鶏肉、チーズとか具はなんでもOK

さっくりしてウマい


b0088558_02300072.jpg

campania

アンティーチョーク - プレシディオ

縦長にならないように壷の蓋をかぶせて栽培している

オイル漬けは会場もEATALYも売り切れ、残念!


b0088558_02300399.jpg

ラルド~!

ブタの背脂をつかった生ハム

滑らかな食感がたまらない



- おまけ -

b0088558_02300619.jpg

この地域に来たならば サルシッチャ!

1800年代終わりからある食べ方で

生の牛肉とブタの背脂に特製香草スパイスをミックス

このマル秘スパイスはブラ村でただ一人のおばあちゃんしか扱っていない

お話しして気に入ってもらえてやっと手に入るんだとか…(^^



- 写真がな〜い(@@) -

campania

ピエンノーロ - プレシディオ

ベズビオ火山のミネラルたっぷりの斜面で栽培されている保存用トマト

表皮は乾燥していても中のジュース保たれているため

常に夏のトマトの香りがするそう

遺伝子な話も興味深かったなー



つづく・





[PR]

# by earthapple | 2014-12-05 05:30 | TRAVEL overseas | Comments(0)
2014年 12月 03日

今日で一年

b0088558_09133335.jpg

たかのてるこさんより新刊が届いた

てるこさんが来道した際に白老ポロトコタンへご一緒したのです


ページを開いて

目頭ゆるゆる...

今は亡き御仁が

いつものようにガハハと笑ってる


白老アイヌ長老だった山丸郁夫氏

2年前イタリアのスローフード大会目前にしたある日
北海道メンバーで

アイヌ料理をオマージュしたオハウを振る舞うとお話ししたら
アイヌ文様の法被を貸してくださり

現地の子供たちにとムックリを持たせてくれた


大きな眼が表情豊かにクルクル変わり

お茶目で真摯な方だったなー


いつか一緒に先住民族の世界大会やイベントに行きたいね、と、

話していた...
あまりに突然にいってしまわれ
叶わず残念です


今日で一年

合掌






[PR]

# by earthapple | 2014-12-03 09:17 | TRAVEL hokkaido | Comments(0)