EARTH APPLE magazineーどさんこオマチのphoto日和ー

earthapple.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧


2006年 12月 29日

NZ放浪記vol.30〜「i-site」の役割とは・・・

b0088558_023513.jpg
みなさん、ご存じでしょうか。
ここは、旅人なら誰しも通りがかる強力な助っ人「i-site」、もしくわ「i-imformation」。(通称i)でございます。

b0088558_023212.jpgNZ北島の最大の観光地ロトルアのi-siteは、さすがに立派な建たずまい。

ここでは、周辺地域で行われるアクティビティーやホテルの予約のみならず、留学の相談までできる専門員がいるセンターになっていた。

b0088558_0233247.jpg小〜さな街にも必ずある「i-site」。

NZでは、こんな緑色の「i」の看板が目印。

b0088558_0234291.jpgNZに限らず、海外ではどんな小さな街へ行っても、だいたい駅や交通の便の良いところに必ず「i」がある。

看板も設置されているので、見つけやすく安心だ。

無料の地図やパンフレットが豊富にあり、その土地のお土産shopが併設されているところが多い。

これから何をしたいのか、どこへ行きたいのか相談すると適切な答えやアドヴァイスがあり、予約までしてくれる。

b0088558_0235148.jpgアクティビティーやバスツアーの待ち合い場所にもなっていることも多く、旅行者の情報交換場所でもある。

また、時間外になると、その日のホテルやバックパッカーの予約状況、連絡先などを掲示してくれているところが殆ど。

夜遅くに小さな街にたどり着いた旅人にとっては、どんなにか心強いだろうか。

b0088558_0235944.jpg
旅行中は、困った事があったら「i」へ行けっ!とは、よく言ったものだが・・・
ここokameの住む札幌ではどうだろう。

国内外からの留学生や旅行者も多く、まだ増加傾向にある、北海道最大の180万都市札幌。

JR札幌駅の一角と、時計台向い側のビル3階に「i」があるのだが、どれだけの人が知っているのだろうか?! また、利用されているのだろうか?!

これだけ大都市になり、道外・海外からの来訪者もいるのだから、バラバラと分散した観光案内よりも、生きた言葉で、もっと官民交えて柔軟に対応できる「i」があったらいいな、と思う。

国内のどんな小さな町にも、誰もが気軽に入れる場所に、安心して相談できる「i」があったら、素敵だろうな。どんな小さな町にもある郵便局のように。。。

昔、旅をしていた時、「i」なんて言葉がなかった時代には、いつも郵便局で道を聞いたりしたのが懐かしい。

ねっ!○○さん。





[PR]

by earthapple | 2006-12-29 23:58 | TRAVEL overseas | Comments(2)
2006年 12月 29日

NZ放浪記vol.29〜キャンプサイトにて晩餐会

b0088558_10495531.jpg
入り江に挟まれるかのように続くビーチ。すぐ手前がキャンプサイト。
なんか函館を思い出す形状だな。

b0088558_1195912.jpgキッチンスペースにて夕食の準備。

遅い時間だったため、シャワーを浴びに来る人達みんなが、「Good Smell !」と覗いてゆく。

かなり?! 良い匂いが漂っていたんだね。

b0088558_10502814.jpg
じゃじゃ〜ん! 今晩の晩餐は、厚切りポークのガーリックソテー、アスパラとマッシュルームのバター炒め、サラダにコールスロー也。

b0088558_10503682.jpgこんな珍客も。。。

匂いにツラレて来たのかな。

b0088558_10504789.jpgついでに翌日の朝ご飯。
久しぶりに白いご飯を炊いたのだ。やっぱ、味の濃いものには白米が一番さ。

日本から持ってきた鍋セットにタッパウエアにスプーンやナイフ達。
やっと本領発揮の出番があって良かったね。

b0088558_1110829.jpg
ビーチは、朝からサーファーやカヤッカーがいっぱい。それを横目に、okameはまたNZの地図を進むのだ。





[PR]

by earthapple | 2006-12-29 10:56 | TRAVEL overseas | Comments(0)
2006年 12月 28日

NZ放浪記vol.28〜キャンプサイトにて

b0088558_1164667.jpg

b0088558_026295.jpgここは、街の突端にあるMount Maunganuiマウント・マンガヌイの麓。

数歩でビーチへ飛び込める充実したキャンプサイトだ。
テントでの利用ならN$6!

大きなキャンピングカーに囲まれて、okameの小さな黄色いテントがポツリ・・・。潰されそう。


b0088558_0433989.jpg
広々としたキッチンスペースには、大きな冷蔵庫に冷凍庫。コンロ、オーブン、トースターに電子レンジと何でも揃っている。
トイレやシャワールームの入り口には、暗証番号ドアがついていて安心。清潔で、ちゃんとバスタブもあった。

b0088558_0254540.jpgキャンプスペースでは 各自電源が引ける。

もう何週間、いや何か月も「住んでいる」ようなヤツラもいた。


突然、電動ノコギリの音が響き渡った。何事かと思ったら、大きな木がゴロゴロ転がってる。
なんとまあ、キャンピングカーの横にデッキを作っている家族がいた。




[PR]

by earthapple | 2006-12-28 23:55 | TRAVEL overseas | Comments(0)
2006年 12月 26日

ニセコの山からクリスマスプレゼント

b0088558_1249751.jpg

クリスマスイブの朝、ニセコの山にはひさびさの雪が降っていた。

なんて素敵なクリスマスプレゼントだろう。

どこへ行っても、パフパフだ〜いっ!!!


山を下りると、サンタさんがいて、チョコももらった。

「一年間ちゃんと良い子にしてたかな・・・?!」

なんて、子供のころを思い出した一瞬だったな。




[PR]

by earthapple | 2006-12-26 23:55 | SKI/SNOWBOAD | Comments(2)
2006年 12月 25日

Merry X'mas!!! 〜 NZ放浪記vol.27

b0088558_1530166.jpg
さすが真夏にクリスマスがあるNZ。
こんな粋なサーファーサンタが出迎えてくれた!

b0088558_15301339.jpg白い砂浜が続くビーチは、ころ良い波がたち、夕方でも多くのサーファーやボディーボーダーがいた。

海岸線の道路脇には、無料のシャワーがあり、車を横付けし、すぐに海に飛び込める。という好条件。

なるほど、みんな仕事帰りにパッと楽しんでいるわけだ。

b0088558_15302182.jpg
ここは、Mount Maunganuiマウント・マンガヌイ。

海とビーチがどこからでも近い街。







[PR]

by earthapple | 2006-12-25 15:35 | TRAVEL overseas | Comments(1)
2006年 12月 23日

ニセコの山から「町」へ降りてみた。

b0088558_23322233.jpgさて、今週末もニセコのokameです。

今夜は、20日から始まった「ナイト号」に乗って倶知安市街へ繰り出しました。

このナイト号は、夜間の市街と山を結ぶ重要路線。

なんと無料です!!!

b0088558_23325570.jpg
b0088558_23332638.jpg昔ながらのたたずまいの焼き鳥屋さんで、軽く一杯。

この良心的な料金を見てくださいな!

三本280円。

b0088558_23331026.jpg寡黙なおばちゃんが焼く焼き鳥は、絶品。

うな丼てのもありました。

焼き鳥もさることながら、揚げ出し豆腐もおすすめです。


b0088558_23333623.jpg
山から町へ、町から山へ、。。。働く人、遊ぶ人。

ここ数年はオージーが激増しているニセコひらふ地区。
昔から「山の人」、「町の人」と若干の隔たりがあるこの地域。
こうやって交流が増えてゆけば良いですね。






[PR]

by earthapple | 2006-12-23 23:41 | TRAVEL hokkaido | Comments(0)
2006年 12月 22日

NZ放浪記vol.26〜時には贅沢も良いよね。

b0088558_74520.jpg
ここは、先日のワイナリー巡りで訪れた、CLEARVIEW ESTATE のテラスレストラン。
やっぱ、ここでランチをしておきたい、と翌日再来。

b0088558_741660.jpgまずは、軽やかなシャルドネで乾杯。

お日様に照らされて輝く、白金色。

幸せな色だなあ。



2006 UNWOODED SHARDONNAY〜まだ若いワインながら、ほんわか甘い香り、スッキリとしている。
グラスN$6.50×2。
b0088558_74434.jpg
少しだけライ麦が入ったパンと、オリーブにアボカドのディップ。これがまた美味。N$10。

b0088558_7551.jpg
ポークと豆の辛トマトソース & ショートパスタ。N$28。

b0088558_751479.jpg
ラムラックにマスタードソースがたっぷりに、ポテトサラダとほうれん草のソテー。N$28。

b0088558_726269.jpg次は、ラムに合うものをとワインをオーダー。

深いローズ色の赤ワインが運ばれてきた。


2004 OLD OLIVE BLOCK〜カベルネとメルローがほぼ半々だそう。若干スパイシーな深〜いお味。ゆっくり飲みたいワインだ。
グラスN$10.20。

b0088558_752541.jpg気がつけば、一緒にワイナリー巡りをした10人中7人が来ていた。

ここでランチしたいっ!という想いは世界共通なのかな。


今回のランチ計N$89.20。
キャンプ生活が続いてたし、時には、こんな贅沢も良いよね。。。

b0088558_753495.jpg
おなかも満腹、心も幸せいっぱいで満足まんぞく。
さて、これからドコヘ向かおうか?!





[PR]

by earthapple | 2006-12-22 07:28 | TRAVEL overseas | Comments(0)
2006年 12月 21日

NZ放浪記vol.25〜朝焼けを待つ・・・

ひさびさに、NZ放浪記を・・・。

ワイナリー巡りで、すっかりいい気分になったokame隊。
今宵は、海辺で朝焼けを待つことにした。
b0088558_16562476.jpg
ワイナリーへ向かう車中で、キャンプ地を物色ずみ。なんと、海の真っ正面!!! 
トイレも洗面所もあるし、周りには「お仲間」もいてバッチリ!

b0088558_1656337.jpg
こんな要塞みたいな「お仲間」もいた。。。

b0088558_16564234.jpg
今夜の夕食。やっぱワインは外せない。シャルドネにピオノアール。
近所のおばちゃんの店でテイクアウトした、このチキンと春巻きが、揚げたてパリパリで絶品!!! 熱々うでたまごもグッド!!!
チキン6ピース、ベジロール、カレーライスロール、ポテトでN$15.90。
チーズはね・・・みなさんっ、「GOAT」には気をつけよう。。。

b0088558_16565240.jpgはだしでモンキーに乗るガキんちょ君。


はだし人口は格段に多い驚くべしNZ。


すんごいおしゃれな格好のOLさんも、テイクアウトのコーヒー持って裸足で歩いてたりする;。

b0088558_1657012.jpg


b0088558_1744747.jpg暗闇から徐々に朝日が顔を出し、波間に反射する。

移りゆく空の色を見ているだけで、じゅうぶん満足だ。



omachiは、朝焼けで酔っぱらったのか?!


実はこの場所、後から案内板を見てみたら、キャンピングカーはOKだけど、テントはNGだったみたい。どおりで木の影にこっそりとテント張ってたヤツがいたわけだ。。。




[PR]

by earthapple | 2006-12-21 17:02 | TRAVEL overseas | Comments(0)
2006年 12月 18日

ニセコヒラフを一気に大滑降!

待ってましたぁ〜っ!!!

数日ぶりに、やっと雪が舞い降りたニセコヒラフ。
朝一のパウダー狙って、一気に上へ向かった。
残念ながら、一人乗りのキング第四リフトを降りてからの山頂までは未だクローズ。
でも、久しぶりのパフパフだーい!!!

b0088558_1272074.jpg
ダイナミックコースにて。

b0088558_1273193.jpg
大回転コースにて。

b0088558_1274219.jpg
スーパーコースからゲレンデへ。

専属カメラマンを従え、一気に大滑降!!!
気持ち良か〜あっ。

こんな感じでフォトセッションしてみませんか。楽しいですよ〜。
ご希望の方、ぜひご連絡を〜!




[PR]

by earthapple | 2006-12-18 23:55 | SKI/SNOWBOAD | Comments(0)
2006年 12月 16日

楽園へ続く道

b0088558_721232.jpg


ゾウガメや尾の長い真っ白な鳥、小さなカエル、女性をイメージさせる木の実、そして白い砂浜・・・。
それらが無くったって、僕たちにはどこまでも続く真っ白な雪がある。

そうさっ!青い空と真っ白な雪にはかなわない。

身も心も子供にかえって、青い空の下で遊んだら、そこはもう楽園なんだ!

めいっぱい遊んで遊んで、遊び疲れて、家路へ着くとき、ふと振り返ると、楽園へ続く道がのびていた。

誰かが言っていたっけ?!


楽園はいつも自分の心で決めるんだっつ!!!





[PR]

by earthapple | 2006-12-16 23:50 | TRAVEL hokkaido | Comments(0)