EARTH APPLE magazineーどさんこオマチのphoto日和ー

earthapple.exblog.jp
ブログトップ
2007年 09月 28日

祝梅温泉にて

b0088558_193842100.jpg
数年ぶりに訪ねてみると、木々に隠れるかのように建て直されていた温泉
おじいさんもおばあさんも相変わらず元気で嬉しくなった

ここの空間は
たくさんの小さな小さな「作品」からうまれている

湯船のまわりに敷き詰められたタイルは
今にも動き出しそうに不揃いに並んでいる
鉄パイプベットの一部が洗い場と湯船をつなぐ手摺になっていたり
浴槽の大きな窓は、まるで水槽のガラスのようだ
窓の外の池のまわりには動物のオブジェやボートもおかれている

あきらかにプロの仕事とは言えないが
人を引きつける「力」、与える「エネルギー」は強い

個人差にもよるが
この空間の力に引かれるものなのか
反発するものなのか
頭上にこだまするジェット機の爆音をききながら
トロトロの泥茶色をした湯につかり
是非、
自分の体と心で確かめてほしい

だんだんとポカポカしツルツルしてくる感触も


いつの間にか稲は刈られすっかり秋模様の北海道の大地
この季節、うんまいもんに吸い寄せられるかのように各地を巡り
日々の仕事に心は追われ、しかしながら遅々として作業は進まず
落ち着かない毎日を過ごしております

こんな温泉にゆったりゆっくり浸かって
座敷にゴロンして好きな本をたっぷりと読みたい・・・




[PR]

by earthapple | 2007-09-28 20:04 | TRAVEL hokkaido | Comments(2)
Commented by bit at 2007-09-28 23:59 x
私も日記に書いていますが、かつての浴室は日本有数のボロ鄙びで千歳の誇り!?に思っていました。
でも今のもなかんばかのB級作品で感動しましたよ・・・
Commented by earthapple at 2007-10-03 06:51
じいちゃんばあちゃんが頑張ってますよね〜^^
ひさびさのトロトロ熱っい湯に浸ってうれしかったっす


<< 雨にうたれて      夕陽に向かって >>