EARTH APPLE magazineーどさんこオマチのphoto日和ー

earthapple.exblog.jp
ブログトップ
2007年 04月 21日

黄砂の降る街から

b0088558_22162449.jpgスキーシーズンの終わりを告げる黄砂

江戸時代は紅雪、黄雪と呼ばれ
どこか艶やかな感がある
日本人の自然を愛でる良き感性と言うべきなのだろう

しかし、今は自然現象というより
人為的な環境問題としてみられるようになってきた
簡単なシュミレーションでも
砂漠化が私たちに与える悪影響は歴然
病原菌なども見つかり
今後の課題は大きい

その課題へひとつの取り組みへの提案として
明日は札幌で初のアースデイが開催される
私たちが住んでいる地球のことを知ろう、考えようというイベントだ

大通会場では、友人の彫刻家・酒井浩慶氏がパタゴニアのブースで、自然の中で見つけた素材で作品作りをお手伝いする
b0088558_22164280.jpg
茶色いオブラートに包まれた空は
やはり、どこか苦し気だ




[PR]

by earthapple | 2007-04-21 22:20 | NATURE | Comments(0)


<< アースデイ札幌 2007      red bearがゆく >>