EARTH APPLE magazineーどさんこオマチのphoto日和ー

earthapple.exblog.jp
ブログトップ
2006年 12月 14日

電車と格闘した後は、倶知安名物「みまた」の蕎麦か?!

先日、早朝発のJRに乗るべく急いでいたomachi。
ちとアクシデントがあり、札幌駅に到着したのは列車発車の数分前。

切符を選択する間もなく、「入場券」を買う。
近くにいた駅員サンに「倶知安行きは何番ホーム?」、「3番だ!急げっ!もう発車する!」と激をとばされ、階段を駆けあがった。

oh my・・・!!!

列車の扉が閉じ初めている。。。

ぎゃああっつつつ・・・!!!

思いっきり両手を突っ込み、こじ開けようと格闘。ひざ蹴り。でも開かない。
ヤバい。列車に引きずられて、あたい死んじゃうのか?!
そんなことが頭をよぎった瞬間、扉が開いた。中にいた人が何かのボタンを押してくれたんだ。

huuu・・・!!!

んんんっ?!すぐに発車するのかと思いきや、閉じた扉がまた開く。続けて、また開きお客サンが乗ってくる。

あらら、ボタンで開閉する扉だったのねえ〜。。。って気づいた時には列車は動いていた。


b0088558_18281442.jpgそんなこんなで、赤く腫れた足を引きづり、たどり着いたのが倶知安のソバ屋「みまた」。

倶知安人が帰省したら必ず立ち寄るという「みまた」のソバ屋には、店外に珍しい「自動そば販売機」がある。

天ぷらそば280円。

260円しか入れてないのに、ガチャッっという大きな音とともに、天ぷらそばが現れた。

お味は・・・まあ、自動販売機なお味。



というわけで、初夏のNZから、真冬の北海道へ瞬間移動したokame隊は、いま雪で真っ白なニセコにて缶詰撮影中。




[PR]

by earthapple | 2006-12-14 19:03 | TRAVEL hokkaido | Comments(0)


<< 今シーズン一番の青い空@ニセコ      「旭山動物園のつくり方」が文春... >>