EARTH APPLE magazineーどさんこオマチのphoto日和ー

earthapple.exblog.jp
ブログトップ
2006年 09月 29日

釣り名人に出会った日

b0088558_182589.jpg先週末の紋別港。
本格的な鮭のシーズンを前に、
地元の鮭釣りファンが防波堤の上を陣取っていた。
多くは浮きルアーで挑んでいたが、魚影は見られなかった。

b0088558_18263590.jpg翌日、場所を渚滑川河口に移す。
すると、見事に整列した投げ釣り竿の垣根に、
お腹をカパッと開かれた大きな秋鮭が5尾、海風に揺れていた。b0088558_18265317.jpg
b0088558_1827348.jpg
釣り名人、ナカさんとフルさん。
この時期が来ると、稚内に始まり、紋別へと移動し、二人でずっと釣り三昧の日々を送るそうだ。
テントの中には、鮭の保管用の大きなクーラーBOXがっ!いくつも積まれていた。
話しによると、このBOXがいっぱいになると、一度家に戻るらしい。
何度、往復したかは訊きそびれてしまった。

して、この夜は潮の音を聞きながら宴会にっ!
名人御用達のアルコール、特大の「サッポロソフト」で乾杯。
ナカさんがさばいた究極の鹿肉を、フルさんが惜し気もなく豪快に切り、次々と炭火の上に乗せて行く。
全く臭みがなく、すんごく柔らかくてジューシーな鹿肉。
あまりの美味さに夢中でパクパク食べていて、写真撮るのを忘れていた・・・
いいのか、カメラマンっ?!(3kg増)
いったいどのくらい食べたのか・・・大きなブロック二塊はペロッつといただいちゃいました。
東京価格では一片1000円くらいはするのかな?!×3人×30片!!!

ここ数シーズン、この時期にオホーツク沿岸を通るたび、釣り竿を車に積んでこなかったことを悔やんでいた。
今年は、こんな名人お二人と出会い、お土産までいただいて素敵な鮭釣シーズンの幕開けとなった。

この場を御借りして、本当にありがとうございました。



[PR]

by earthapple | 2006-09-29 18:36 | TRAVEL hokkaido | Comments(0)


<< 夏の終わり・・・富良野にて      地方deグルメvol.5・・・... >>